不動産会社の仲介手数料は上限が決められている

1.不動産会社は、仲介手数料を双方からもらえるほうが得

不動産会社の仲介方法は2通りあります。

 

①買い主と売り主の間に1社の不動産会社が入る場合


不動産会社は買い主と売り主の両方から仲介手数料を受け取ることになります。不動産の業界用語では「両手」といわれます。

②売り主と買い主側のそれぞれに不動産会社がいる場合

不動産会社がもらえる手数料はどちらか一方のみとなり、「片手」といわれます。

当然、不動産会社は「両手」取引をしたいと思います。しかし、不動産会社の仲介手数料は上限が法律で決められています。「物件価格×3%+6万円(別途消費税)」と決められています(4000万以下では計算式が変わる)。この計算式は、売る・買うのどちらの仲介をしても採用されます。

もし、「両手」取引ができたら、2倍の仲介手数料が入りますので、自社で買い主を見つけたいため、できるだけ物件価格を安く設定したいと考えます。悪質な不動産会社の中には、両手取引を成立させるために、物件情報を業界のネットシステム「レインズ」に登録しなかったり、他社から問い合わせがあっても紹介しなかったりする会社もあります。物件の囲い込みは禁止行為ですが、しかし横行している現状があります。

買い主としてこのような実情がありことを把握しておくことが必要となります。そして、不動産会社が売り主側の仲介も兼ねている物件を勧めてきた場合には、早く売ろうとするあまり客観性を欠いていないかどうかをよく見極めることが重要です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ