物件価格以外に「諸経費」が200万円ほどかかる

1.諸経費分は用意しておきましょう

住宅を購入する際には、物件価格以外に多くの諸経費がかかります。諸経費とは、税金や手数料などです。

住宅を購入する際に、頭金をいくら用意するかというのがありますが、200万円用意しても、それらはほとんど諸経費で消えてしまいます。

頭金とは別に諸経費としてある程度の金額を用意しておく必要があります。

また、金融機関の諸費用ローンがありますが、過剰債務になる可能性もありますので、慎重に考えたいところです。

 

<中古受託購入時の諸経費>

・仲介手数料
不動産会社へ支払う。物件価格×3%+6万円(別途消費税)が必要
・不動産登記をする際の登記費用
・売買契約書に貼る印紙代
・消費税(売り主が個人の場合は不要)
・金融機関に払う融資事務手数料
・住宅ローン保証料
・火災保険料
・引っ越し費用
・新しく購入する家具・電化製品費用
・リフォーム費用
・管理費・修繕費積立金(マンションの場合)
・駐車代
・その他

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ